女性の脳は浮気向き?

男女の脳の違いから、女性のほうが複数恋愛に向いているというが、次のように説明できる。

「男女の違いは脳にもはっきりと現れていて、男はハード面を司る左脳(理数系)とソフト面を司る右脳(芸術系)をつなぐパイプが女性より細いので、左右がうまく連絡できないんです。つまり左右どちらか片方の脳しか働かないので芸術に没頭すると理性が働かなくなる。恋愛面でも1人の女性を好きになるとその人しか目に入らない。でも女性は1人の男を好きでも同時に他の男も見ているんです」

だったらどうしてこの世には、浮気する男性がかくも多いのよ? と突っ込みたくなる。

だがそのいっぽう、男女のこのような脳の働き方の違いについては。私自身、実感してもいる。(言うまでもないが、性差よりも個人差こそが決定的なのであって、女ならば必ずだ○○である、というわけではない。) ヘレン・E・フィッシャーの『女の直感が男社会を覆す』にかなり影響を受けたことも確かなのだが、やはり男性は集中力が強く、女性は同時に二つ以上の仕事をこなす能力に優っていると思えてならないのだ。

たとえば仕事などで、集中して取り組んでいる最中、私が口頭で注意事項を追加しても、まったく耳に入っていないのは男性の方である。彼らは「ボー」っとしていたのではなく、「一心不乱」状態だったのだ。女である私には、つい最近までこのことが理解できなかった。

この不器用な一点集中型の男たちにくらべ、女たちはつねに周囲に気配りができる。だからこそホステスが務まるのだ。サンスクリット語の諺に「女は男に話しかける、他の男のほうを見ながら、さらに別の男のことを考えながら」というのがあるようだ。これこそまさに、女性的な能力と言えるだろう。(ついでに、「隣の男の手を握って」というのも付け加えたい気もするが。)

さらに、複数の男性と付き合うのが女性の本能とまで説明できる。つまり、動物のメスは妊娠期間は動けず、獲物を捕ることができないので、自分の餌を保証してくれるオスが必要なんだとか。

「それも1匹だけだと心配なので、同時に複数のオスを確保しておくという本能をもっています。これは人間の女性にも当てはまることで1人の男だけでは、自分を守ってくれるかどうか心もとないわけです。自らの身を守るために本能的に複数とつき合うという結果になりますね」

ということになる。

ちょっといい加減すぎはしないかと思うのだが、人間、自分にとって都合のいい箇所しか読まないから、浮気性の女性たちは、ますます意を強くするだろう!

「そうよ、脳や本能が、その上うにできているのだから、私はそれらに従って、とても自然に行動しているだけなの。」

というセリフが聞こえてきそうである。

そんな女や妻を許せない、最近の行動がどうもあやしいと感じている夫や彼氏はスッキリするために証拠を掴むのが手っ取り早い方法である。どんな結果になろうとも、前には進めるはずである。

だが、女の浮気の証拠を掴むのは意外と大変なので注意深く探ってほしいものである。妻の浮気を取り上げたサイトに浮気している妻の行動が載っていたので参考にしてほしい。

浮気をしている女性も今の関係がばれて修羅場になりたくないのであれば、細心の注意を払って行動してほしいものだ。