浮気するのはモテ女

モテる女は浮気する、と断定はできないが、浮気したくても相手の見つからない女では、話にならない。

まずそれ以前に、「浮気」するためには、いちおう「本気」の対象とみなされうる夫やパートナー、恋人、彼氏のいずれかがいる、という前提条件を満たしている必要があるのだ。

したがって、浮気する女性には、モテ女が多い、いやむしろモテなければ浮気はできない、というのは、いわば自然の摂理だ。

それに浮気願望のある女性は、結婚していたって、モテるべく努力するに違いない。(ふつう、浮気したい男は、モテようとスポーツジムに通って下腹をひきしめたり、服装を整えたりと、それなりに努力するのだから、女性だって同じことだ。)

もちろん夫や彼氏の心をつなぎとめるために、自分を磨くという女性もいるだろう。

「亭主の好きな赤烏帽子」じゃないが、特定の男性の特殊技能やマニアックな趣味に付き合うべく、その類の教室などに通うのならともかく、ダイエッ卜やエステ、英会話、料理などなら、他の男性に対しても、充分に有効な魅カアップの「自分磨き」だ。

つまり、一人の男性のためにそんな努力をすることは、結果的に、他の男性にとっても好ましい女性となりうる。それもあって「モテる者はますますモテる」という、なんだか金持ちの株式投資みたいな現象が生じるのである。

だから、妻や彼女に浮気されたくなかったら、他の男性からは見向きもしてもらえないような女性を選ぶことだ。(これはもちろん女性にも言えることで、夫や彼氏に浮気されたくなければ、モテない男に限る。まあそんな男性でも、フーゾクで遊ぶことは大いにありうるから、必ずしも貞操が守られるわけではないが。)

そりゃ、モテるタイプの女性で、愛するひとりの男性に忠実、という夢のような話だって、現実にはあるだろう。だが、このタイプの女性は、いつも複数の男性に狙われているということを、彼女の夫や彼氏は覚悟しておくべきだ。

モテ女に挑戦しようという男性は、彼女に夫や彼氏がいることなんぞ、まったく気にしないものだ。魅力的な女性はモテるし、男性たちが放っておくわけがない。そこで彼女が結婚したり、特定の男性と密接な間柄になっていることに、なんの不思議があろうか。

そんなことで遠慮していたのでは、モテ女を手に入れることは絶対にできない。

そもそも男と女なんて、未来永劫、その仲が良いなんてことは、まず、ない。たとえ仲は悪くなくても、仕事の都合で遠距離恋愛や単身赴任、残業続きや出張ばかりと、女性が寂しい思いをしていることだってある。それこそが、浮気を仕掛けるチャンスだ。モテ女へのチャレンジャーたちは、いわゆるプレイボーイが多いから、ときにはゲーム感覚で、積極的に誘う。

ゴージャスなレストランでの食事や、高価なプレゼントが用意されていることもあるだろう。いくら誠実な女性でも、成り行き次第では、浮気への道を歩みかねない。